トラック・建機の買取専門店だから高額現金買取!買取は日本全国。独自の輸出ルートを持ち、国内外向け共に驚きの高額査定。いつでも簡単無料査定!

Q & A いろいろな質問
▼ B:査定の時の注意事項について
B-5(画像査定) 画像査定の写真の撮り方で、注意することはありますか?
撮影するトラック・建設機械は、

離れた位置から車体全体を撮るだけでなく、
必ず近い位置から、ボディーやフレームの表面の
状態がわかるように写真を撮って下さい。

特にフレームのサビの状態によっては、査定金額に
も影響がありますので、必ず写真を撮ってください。

サビの状態でもいろいろあります。

①ただ表面だけがサビているもの。
②フレームに穴があくほどサビているもの。
③サビでフレームの車体番号が不鮮明だが、ヤスリで擦れば鮮明になるもの。
④サビでフレームの鉄が崩れてしまって、車体番号の1部分が見えなくなっているもの。
⑤メインフレームは問題ないが、サブフレームがサビで大きな穴の開いているもの。

以上、どの状態にあるのか判断しますので、離れた位置からと近づいた位置からの
写真をお送りください。

※新車登録から5年以内の高年式車や新車登録から10~15年の状態の良い国内販売
 向きの車両は、特にボディーやフレームの状態を確認します。

サオリエクスポート トラック買取・建機買取担当より
B-4(ギアが入らない) 買取査定してもらいたいトラックのギアが入りません。買取できますか?
はい可能です。

例えば、写真左の日野レンジャーは、約3年間にわたり
屋根のない車庫で保管されていて、動いていませんでした。

写真中のように、エンジンとクラッチをつなぐクラッチハウジングを
開けてみると、写真右のように、だいたい水が入って錆びていたりします。
本来このスペースは、水が入っていてはいけないスペースです。

その結果、錆びのために金属と金属がくっついてしまい、ギアが入らなく
なっている場合が多いです。サオリエクスポートでは、スタッフが自走できる
状態に整備するか、自走できなければ大型回送車またはレッカー車で運びますので
買取できます。また、ギアを使用できる状態に戻す整備代や大型回送車・レッカー代を
お客様に請求することはありませんので、ご安心ください。

このような状態のトラックも問題なく買取いたしますので、サオリエクスポート
にお任せください。

サオリエクスポート トラック買取担当より

B-3 (飛び石) フロントガラスに飛び石のアトがありますが、トラックの買取査定に影響ありますか?
飛び石アトの大きさが、10円玉よりも小さいものであれば
修復可能ですので、査定金額が下がることはありません。

サオリエクスポート トラック買取・建機買取担当
B-2(洗車について) 買取査定してもらう前に、車両は洗車した方がいいですか?
洗車は必要ありません。
普段、使用しているそのままでかまいません。
泥まみれ・ホコリまみれ・コケが生えてる・キノコが生えてる
倉庫に置いたまま・工場に置いたまま・現場に置いたままなど
そのままで大丈夫です。

サオリエクスポート トラック買取・建機買取担当より
B-1(ラジエターの水) 年式・型式・走行距離・装備以外で重要なことは何ですか?
トラック・建機にかかわらずエンジンの付いているものについては
必ずエンジンオイルとラジエタ―の水を確認します。

当社で現物査定をする場合は、もちろんオイル・水のチェックを行います。
画像査定をする場合も、お客様ご自身で確認していただくか、写真を撮って
送っていただくこともあります。

上の3枚の写真を見てください。

①左の写真は、正常です。ちゃんとラジエタ―の水が入っていることが
 確認できます。

②真ん中の写真は、異常です。見ると泡が浮いています。こういった泡が
 浮いていると、オイルが混じっている可能性が考えられます。幸いにも
 この写真のラジエタ―は、以前、会社のドライバーさんが、間違ってオイル
 を入れてしまったことがあるそうで、ラジエタ―の水を全て入れ替えて
 何も問題ありませんでした。

③右の写真は、水が入っていません。水を入れて水が溜まれば問題ありません。
 しかし、ラジエタ―に穴があいていて、水が漏れてしまうようだと問題です。

ラジエタ―の水の確認は、基本中の基本なので必ず確認する必要があります。
エンジンオイルについては、別の質問でお答えいたします。

サオリエクスポート トラック買取担当・建機買取担当より